PRP療法(PFC-FD療法)について

PRP療法(PFC-FD療法)とは

PRPとは、多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)の略語で、血小板を多く含んだ血液を意味します。血小板には、傷んだ組織を修復する「成長因子」が多く含まれているのです。そんな血小板の働きを利用して、体が本来持つ修復力をサポートするのがPRP治療です。

近年、プロスポーツ選手のケガの治療にPRP療法が行われ話題を集めています。また一般の方への変形性関節症腱や筋肉の損傷などに対する治療法としても注目されています。

当院で行うPFC-FDとは、Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry(血小板由来因子濃縮物ー凍結真空乾燥)の略称です。患者様自身の血液を採取しPRPを抽出し、そのPRPから更に成長因子を抽出し、凍結乾燥(Freeze Dry)することでさらに高濃度化しています。

PFC-FD療法とは、加工したPFC-FDを患部に注射し、患者様自身の自己修復能を促進し痛みの軽減や損傷部の治癒を目指す治療法です。

ページトップ

PFC-FD療法の対象となる疾患

現在最も活用されている疾患は変形性膝関節症です。関節内に炎症を起こしている状態では、PFC-FDを関節内に注射することで炎症を抑制し痛みや腫れを軽減することが期待されます。この効果には個人差がありますが、その有効期間は3~6か月と思われます。

この症状が軽快している間に運動療法を行い関節周囲の筋肉を鍛えることで、膝の安定性が向上し膝関節への負荷を減らすことができるため、生活の質が向上すると期待されています。
また、痛みが軽減することで運動療法がしやすくなり体重の減量に成功すれば、さらに膝関節にかかるストレスが軽減するという好循環を獲得できる可能性もあります。

変形性関節症以外でも、靱帯損傷や腱炎などの他の運動疾患でも効果が期待されており、スポーツ選手など様々な治療に応用され始めています。(ジャンパー膝、腸腔靭帯炎、テニス肘、足底腱膜炎、五十肩など)

ページトップ

PFC-FD療法の長所

■安全性が高い:
患者様自身の血液から製造されるため、他人の組織を使った治療や薬物に比べて拒否反応や感染症リスクなどの副作用が少ない治療
■施術が簡便:
原則2回の訪問で完了します。注射を受けた日に歩いて帰れます。
■半年間保存可能:
凍結乾燥しているため半年以内であれば希望時に注射可能です。

ページトップ

PFC-FD療法の短所

■自由診療のため治療費が高額:
PFC-FD療法は新しい治療であり保険適用でありません。保険診療の場合、治療費の自己負担は治療費の一部で済むのに対して、自由診療では全額自己負担となります。
■効果にばらつきがある:
PFC-FDは個人の血小板に含まれる成長因子の働きを活用した治療です。個人の血小板やそれに含まれる成長因子の働きにより効果が変わるので、働きの強くない方には効果が弱かったり、逆に働きの強い方の場合にはより効果が出る場合があります。

当院ではPRP-FD注射の注入物の加工については、再生医療等安全性確保法に基づき、厚生労働省の特定細胞加工物製造許可を取得した施設に委託しています。そのため一定の環境下において品質の維持された治療をご提供することが可能です。
参照サイト(セルソース株式会社)>>

ページトップ

治療の流れ

  • ①診察と採血(1部位につき約50ml)
  • ②採取した血液を加工委託事業者へ配送しPFC-FDへ加工(約3週間)します。
  • ③変形性関節症の場合は1~2回その後に注射します。腱や靭帯の治療の場合は2回の注射を行います。

ページトップ

当院での治療費

当院では消費税込みで、1回16万5千円です。

(文責 白石浩一)

ページトップ

初めて診察される方へ

入院される方へ

ドクター紹介

取り扱う主な疾患について

整形外科の病気のQ&A!?

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)

求人募集のご案内